トップページ >  かにレシピ ~人気料理 >  かにの釜飯のレシピ

最高にうまくて簡単!かにの釜飯のレシピ

かにの釜めしは水加減が決めてです。水分量で固めか柔らかめがきまります。

カニの脚を使う場合は、カニからだしが出るので、だし汁は薄めにしてください。 カニの脚を使わない場合は、和風だしでも鶏がらスープの素でも実は美味しくいただけるので、だし汁+缶詰のかにのほぐし身、だけで十分です。
炊飯器に追加で入れるだけの超簡単レシピなのに、豪勢にカニの風味を味わえちゃいます。

かにの釜めし用のなら、身入りの大きめのカニ缶の「紅ズワイカニ」を使うのが、味・値段ともにコスパがいいです。 ズワイガニの中でも、等級の低い紅ズワイガニの缶づめなら、1缶200円~300円ですんでしまいます。 たまには、家族でかにの釜飯なんて、なんともしゃれていて贅沢ですね。

かに釜めしの作り方
1 具材を準備する
干しいたけを戻したり、にんじんを少量の大きさに切り刻む。

2 炊飯器に研いだお米、調味料、具材を入れる。
炊飯器にお米を研いでいれる。お米1合に対して、だし汁100C、お酒大2を入れる。具材は1で準備したものに缶詰のほぐし身を加える。カニの脚がある場合は、最後にカニ脚を1、2本乗せる。

3 炊き上げる。
炊き上がってから青菜を入れ、5分ほど蓋をして蒸らす。


かにの釜飯に合ったおすすめカニ

かにの釜飯のカニならコレ!

炊飯器に追加で入れるだけの超簡単レシピなのに、豪勢にカニの風味を味わえちゃいます。
釜めしに使うカニなら、身入りの大きめのカニ缶の「紅ズワイカニ」を使うのが、味・値段ともにコスパがいいです。

紅ずわいがにの一番商品価値の高い脚肉のみを豪華に使用した高級かに缶です。 様々な料理と組み合わせるだけで、アクセントの効いた豪華料理に大変身します。

大きめの身が入った贅沢なほぐし身なのに1缶300円代ですんでしまいます。1缶3人で使うなら、一人当たりは100円程度です。これほど身入りの大きい紅ズワイの缶詰は、ほとんど売られていないのでおすすめです。