トップページ > かにチャーハンのレシピ > 最高にうまくて簡単!かにチャーハンのレシピ

最高にうまくて簡単!かにチャーハンのレシピ

かにチャーハンってかにの香ばしい匂いがたまらないですね。 プリプリのカニチャーハンを食べると、幸せいっぱいになります。

一方で気になるのが、材料のカニのコスト。 カニ脚を切り刻んで、チャーハンにいれちゃうのは、めんどうだしコストもかかるので、ちょっと気がひけてしまいます。

カニに火をいれ、油にいれるので、高いカニを入れるのはもったいないですが、逆に、かにのかまぼこをつかってしまってはまったく風味のないカニチャーハンになってしまいます。 また、チャーハンのカニ身はボイルではなく、生を使ってください。ボイルは一度火が通っているため、二度火を入れるとパサパサになってしまいます。

カニチャーハン用のなら、身入りの大きめのカニ缶の「紅ズワイカニ」を使うのが、味・値段ともにコスパがいいですよ。 ズワイガニの中でも、等級の低い紅ズワイガニの缶づめなら、1缶200円~300円ですんでしまうので、ちょっと豪勢なチャーハンを食べたくなったら食べれますよね。

炒めすぎると風味が無くなるので程ほどにしてください。

かにチャーハンの作り方
1. カニほぐし身と白ネギを炒める。
フライパンをよく熱して油をいれます。熱したフライパンに、カニほぐし身50g程度と白ネギ少量を入れて炒めます。お酒を一滴入れると風味が出ます。炒め終わったら、いったんボールにうつします。

2. ご飯を炒める。
よく熱したフライパンにサラダ油を入れ、卵の上に白ご飯を入れ炒めます。

3. 炒めたカニのほぐし身とご飯を混ぜ合わせる
ボールにうつしたかにほぐし身をフライパンに戻し、炒めながら混ぜあわせます。

4. 調味料を加える
塩コショウ・コンソメスープの素を少量入れて、混ぜあわせたらできあがり。


カニチャーハン用のカニは?
      ボイル済みのカニより、生のカニを使う
      紅ズワイガニのカニ缶はコスパの高い