トップページ >  かにレシピ ~生が好き派 >  かに刺しのレシピ

最高にうまい!かに刺し

カニを刺身にするならもちろん生ですよね。 新鮮なカニでのみ楽しめるのが、カニの刺身です。 生きた状態、つまり活の状態で手に入れた場合のみ、刺身で食べることができます。

生冷凍のカニも刺身で食することもありますが、食あたりの可能性があり、危険ですのでやめたほうが無難です。 生冷凍のカニは、生で食べるよりも火を通した方が美味しく安全なので、刺身より、しゃぶしゃぶなどのほうが最適です。

生きた状態で売られているカニを、「活ガニ」といいます。 「活ガニ」のかに刺しは、プリプリとした食感、甘エビのような甘~い味、カニの濃厚な深~い味で、格別の超高級品です。

かに刺しの作り方
1.脚を切り離して、切れ目を入れる
脚を胴体の根元から切り離して、2つ目の間接から更に切り分け、脚の太い部分だけを使います。 カニの身が取り出しやすいように、ハサミなどで殻に切れ目を入れます。

2.殻を開いて、殻から身を引き離す
殻とカニの身の間に指を入れ、殻をこじ開けるような感じで開きます。指を一気に引けば、案外簡単にカパッと開きます。 ほんの数秒だけ熱湯にくぐらせると、引き離しやすくなります。 新鮮な刺身の風味が失われるので、熱湯につけすぎに注意。 最後に身の表面を覆っている赤い膜を剥ぎ取ります。

3.氷水につける
冷たい氷水に5分ほどつけて、洗いをかけます。洗いがかかると、カニの身が、花を咲かせたように広がります。

4.しょうゆ、またはかに酢につけて食べる。
プリっぷりとした甘いむき身を、わさび醤油か、かに酢でどうぞ。かに酢は酢2、しょうゆ1、ダシ1で塩・砂糖・しょうがをお好みで少量。


松葉がに(ズワイガニ)のさばき方


うまいかに刺しの見分け方

刺身でカニをたべるなら、甘みたっぷりのズワイガニです。

しかし、生きた状態で売られているズワイガニの「活ガニ」は、流通が大変なのでほとんど売られていません。 一般には、かに刺し用のカニはスーパーや百貨店、ネット販売でも売られていないのが現状です。


生冷凍のカニは、食あたりの可能性があって刺身は危険なので刺身ではたべられませんし、じゃあ自宅では食べれない?と思いきや、 一部のネットショップではかに刺し用のカニを取り扱っているのです。

かに刺し用のカニなので、当然生きている「活ガニ」として売られます。"活"で売るので、鮮度と身入りが保証された商品価値の高いブランドガニです。 山陰ではズワイガニを、松葉ガニと言いますが、一部のネット店舗だけで簡単にこの松葉ガニの「活ガニ」を取り寄せられます。

かに刺しを選ぶなら、ここがポイント!
        かに刺しなら、ズワイガニの「活ガニ」。
        かに刺しの「活ガニ」は、ブランドガニでいただく。


おすすめのかに刺し用カニ

おすすめのかに刺し用カニはコレ!

刺身用の活カニ(かに刺し)をお取り寄せ通販で購入するなら活×2カニ.com(いきいきかにどっとこむ)の「特上"活"松葉ガニ」がオススメです。
浜坂ブランドの血統書付きで、活きたまま発送されます(送料無料)。

山陰のブランドかにを自宅に居ながら購入することが可能です。 かに刺し用のカニは、他店ではほとんど取り扱っていないので、この店は珍しいです。

活きたままなので、かに刺しはもちろん、かにしゃぶ・かにすき・焼きガニ など、自分の好みにあわせて食べられますよ。